北海道の家庭の味、
地域の味を支え続けている

 トモエブランドの醤油、味噌といえば、道産子にはおなじみの調味料。1891年の創業以来、独自の製造方法を守りながら、醸造の技術と、北海道ならではの素材である昆布などの旨味を生かす技術で、北海道の家庭の味、地域の味を支え続けている。

 福山醸造の前身は福井県の船問屋(回船問屋)で、日本国内を巡って各地の産物で商売を行っていた。明治24(1891)年、北海道が大豆の産地であったことから札幌で醤油醸造業「福山商店」を開業。大正7(1918)年になると味噌の製造も開始した。