福山醸造株式会社

MESSAGE

北海道の蔵元として
伝統の味を守り継承する

 平成30年に創業127周年を迎えます。これまで幾度となく経済や社会の変化に直面してきましたが、伝統を重んじ、独自の製造技術を守りながら、安心で安全な北海道のおいしさを食卓にお届けしています。
 私たちは北海道に根差したメーカーだからこそできる、北海道産の原料にこだわった商品づくりをモットーにしています。
 いまや当社のメイン商品のひとつになった「日高昆布しょうゆ」は、減塩化による物足りなさを北海道ならではの食材を用いることで、いままで以上の旨味を感じられるようになりました。地元の原料だから安心・安全な商品を提供することができるのです。私たちは北海道の自然の恵みを大切に、味噌・醤油の食品づくりを通し、北海道の食卓を豊かにすることをめざしております。
 一方、多様化する消費者ニーズを鑑みて、新しい技術を取り入れながら品質を高め、商品開発を積極的に行って付加価値を生み出すことも大切にしています。最近では、こだわり志向の方向けに十割麹味噌なども発売し、ご好評をいただいております。
 今後も「おいしく安全な食品」を通して、北海道の皆様に信頼される存在でありたいと考えております。
 また、和食の素晴らしさを未来へ継承していくため食育活動などを通して子どもたちに「食べることの大切さ・楽しさ」を伝えてまいります。そして「北海道の蔵元」として、北海道素材のおいしい食品を皆さまの食卓へお届けし、食生活の向上、ひいては地域経済の発展に貢献していきます。

WORK

  • 家庭用事業部/業務用事業部

    家庭用事業部は、トモエブランドの醤油や味噌、加工食品などを一般スーパー、小売店に販売するのが仕事になります。業務用事業部は、加工食品工場やホテル等への基礎調味料(味噌、醤油)、加工食品の販売になります。一般消費者との距離も近いので、北海道の食卓を支えていることを実感できます。

  • 施設管理部

    本社に隣接した札幌の工場では「醤油」、旭川の工場では「味噌」を製造しており、その生産と施設の管理を担当します。ちなみに、醤油は「こうじ」を発酵・熟成させた「もろみ」を圧搾機で搾り、成分調整して加熱殺菌。冷めてからろ過機でにごりを取り除き、品質検査をしてから出荷と、丁寧に製造しています。

  • 製造管理部

    トモエブランドの醤油や味噌など調味料の開発と品質管理を担当。消費者や営業担当者から「こんな商品がほしい」という声を聞いて、おいしくて安全で、保存性や原価も考慮して商品を開発。その過程は料理というより、理科の実験のような感じ。ヒット商品が誕生すると苦労も吹き飛ぶほどやりがいがある仕事です。

STAFF

Adachi Masataka

【名前】足立 雅孝 【在籍年数】6年
【配属】家庭用事業部北海道エリア

北海道の蔵元として伝統の味を守り、おいしく安全な食品を提供

この会社に入って一番うれしかったことは何ですか?
営業をやっているので、昨年よりも1ケースでも多く販売できたことが何より嬉しいことですが、自社商品を提案した時に、この商品良いねと褒めて頂けたり、気に入って頂けたりして採用となる時が一番嬉しく感じます。
この会社に入り自分はどう成長できたと思いますか?
年数を重ねてステップアップしていく中で仕事量が増えたり、自分の部署だけではなく他部署との連携が必要となる中で、仕事の効率化や表現の仕方(伝え方等)を常々考えており、そこが成長できているかなと思います。
この会社に興味を持ってくれた人に向けてのメッセージ
自分の意見を部署内でも部署外でも発信できる会社で、部署全員で目標に向かえるようフォロー体制も万全。基礎調味料という食を支える商品を販売しているメーカーですので、食に興味がある方は楽しく仕事ができます。

Oono Reina

【名前】大野 玲奈 【在籍年数】4年10ヶ月
【配属】管理部経理総務課

販促イベント等に参加する機会もあるので変化があって楽しい

この会社に入って一番うれしかったことは何ですか?
事務の仕事なので普段お客様と直接関わることはありませんが、電話でのお問い合わせの際に「ありがとう」と言って頂けるとうれしく感じます。些細なことでも喜んで頂けると励みになりますし、頑張ろうと思えます。
この会社に入り自分はどう成長できたと思いますか?
日々の業務の中で、何かを達成することが楽しみになりました。特に年に1度の仕事などは時間や手間もかかりますが、終わった後は次回は更に効率よく正確にできるよう、どう工夫すべきか考えるようになりました。
この会社に興味を持ってくれた人に向けてのメッセージ
自分自身も入社当初は右も左も分からず不安で余裕がありませんでしたが、きちんと理解出来るまで何度も、優しい上司・先輩方が教えてくれる環境です。色々な面で一緒にスキルアップしていきましょう。

Fukuyama Seiji

【名前】福山 誠司 【在籍年数】5年
【配属】営業サポート部企画広報課

北海道の味を創造して、たくさんの食卓に届けたい

この会社に入って一番うれしかったことは何ですか?
新商品開発においては、自分たちの手によって一から商品設計を行い世に出すことにやりがいを感じ、その商品が市場から評価を受けたり、お客様と接する機会がある際に直接お褒めいただくと嬉しいです。
この会社に入り自分はどう成長できたと思いますか?
食に対する意識や知識について、変化したと思います。また、社内外問わずコミュニケーションが大切な立場にあり、コミュニケーション能力や交渉能力、問題解決能力といったところが成長できたと思います。
この会社に興味を持ってくれた人に向けてのメッセージ
醤油・味噌は地域性が色濃く、当社の商品も北海道の味のひとつとして長年引き継がれてきました。そういった伝統を守りながらも、日々ともに挑戦を続け、北海道の味を創造しお客様に届けられたらと思います。

ABOUT US

会社概要

会社名 福山醸造株式会社
設立 1943年6月25日
代表取締役社長 福山 眞司
資本金 8,500万円
人員数 195名(2018年2月現在)
本社 〒065-0043 札幌市東区苗穂町2丁目4-1
URL http://www.tomoechan.co.jp/company/
事業登録 味噌・醤油・加工食品の製造販売