株式会社ドコモCS北海道

MESSAGE

社名に込めた3つのCSの向上を追求し 北海道のお客さまに心から満足いただける 安心と信頼のあるドコモのサービスを提供し続けます

今、日本の情報通信市場はスマートフォンの普及により、大きな転換期を迎えています。さらに、インターネット上のサービス提供者とも新たな競争が展開されています。
 ドコモグループは、ドコモのサービスを通じてお客様の暮らしやビジネスがより豊かなものとなるよう、新たな価値をご提供するとともに、豊かな社会の実現に向け、社会的課題の解決を目指して変革を続けております。
 私たちはその一員として、通信ネットワークの維持・向上を図り、法人営業・ソリューション提案を介し新たな価値を提供。また、お客様と接するドコモショップ・量販店スタッフへの支援を通じ、お客様が安心・快適にご利用いただけるよう努めております。
 これからもお客様にご満足いただく(Customer Satisfaction)ためベストを尽くし、通信サービス(Communication Service)の弛まぬ進化と安定供給を高い技術力によって支え、お客様サービス(Customer Service)のさらなる向上を図り、お客様とより一層の絆を深め、多様なニーズにきめ細かなサービス品質でお応えするため、社員一同全力で取り組んでまいります。

WORK

  • 代理店支援業務

    ドコモショップや量販店の販売スタッフからの問い合わせなど、お客様対応支援をする各種サポートセンターの運営。また、販売スタッフ向けの研修、スキル資格試験を運営する研修センターの運営をします。

  • フロント関連業務

    全道ドコモショップのパイロット店舗としての直営ドコモショップ運営。お客様からの各種お問合せやご注文を受付するインフォメーションセンター、ドコモのクレジットサービス「dカード」関連の受付をする「dカードセンター」等各種コールセンターの運営をします。

  • ネットワーク関連業務

    お客様にドコモのサービスを快適にご利用いただくために、災害に強いネットワークの構築、サービスエリアの品質向上等を実現するネットワーク関連業務を行います。

  • 営業関連業務

    法人のお客様へモバイル関連商品・サービスのソリューション提案・販売をする法人営業。ドコモショップや量販店を運営する代理店への販売支援をするルート営業になります。

STAFF

Matsuzaka Toshiya

【名前】松坂 俊也 【在籍年数】3年6ヶ月
【配属】法人営業部

IoTを活用して北海道創生に貢献できる

この会社に入って一番うれしかったことは何ですか?
以前インフォメーションセンターで勤務していたときに組織内表彰として、ディズニーランド研修に参加できたことです。社員のモチベーション向上もしっかり考えてくれているので、ますますやる気が出ます。
日々のお仕事の内容は?
法人営業部として、法人ユーザーに対する営業活動を行っています。顧客基盤の維持・拡大にはモバイル純増計画の達成と解約を未然に防ぐ防衛力強化が課題です。自担当目標達成のために、自己の新規販売の年間目標に努めています。
この会社に興味を持ってくれた人に向けてのメッセージ
この会社は研修制度や教育体制がしっかりしているため、新人でも不安が少なく業務に打ち込むことができます。周りの人たちも温かく話を聞いてくれるので、悩みも相談しやすいです。ぜひ一緒に楽しく働きましょう。

Inn Naotsugu

【名前】因 直継 【在籍年数】16年
【配属】ネットワーク建設部 アクセスデザイン担当

「やっぱりドコモ」と言い続けてもらえるように挑戦を続けていきます

この会社に入社した理由は?
就活当時、ドコモがi-modeサービスを開始。パソコンが無くてもメール・絵文字が送れて、ニュースや天気も見られることに感動しました。最先端のシステムやテクノロジーに携わりながら、自分が感じた感動を世に届ける仕事がしたいと思って入社しました。
仕事を通じて実現したいことは?
北海道胆振東部地震では、お客様へ「つながる安心感」を提供することが使命だとあらためて実感しました。今後5Gが登場して通信はさらに社会生活に密接になり、便利さ快適さを生み出すものになりまので、何が起きても切れることのない「強靭なネットワーク」を目指していきます。
ワーク・ライフ・バランスの取り組みについて
会社全体で取り組んでいることもあり、仕事とプライベートは両立しやすく、自分の調整次第でメリハリがつけやすい環境です。有給休暇とは別に「ライフプラン休暇(育児・子供の行事でも取得可能)」や、有給休暇を1時間単位に分けて取得(時間休)があるなど制度も充実しています。

Takaya Mai

【名前】高谷 舞 【在籍年数】3年
【配属】フロント支援部 インフォメーションセンター 業務品質サポート担当

育児と仕事の両立を目指しています

産休からの復帰はスムーズでしたか?
産休前に復職後のキャリアイメージを上長と共有し、休職中は社内報や職場の近況を定期的に届けてくれるなど復職を支援する「ドコモ・スマイルリレー」という仕組みがありますので、意外とスムーズでした。
日々のお仕事の内容は?
現在はアンケートやデータの分析をして、電話応対の品質向上に取り組んでいます。育成や指導をする立場になって、後輩への接し方に悩んだこともありましたが、風通しのいい雰囲気なので思ったことを言いやすく、相談もしやすいです。
仕事と育児との両立で心がけていることは?
勤務時間内でパフォーマンスを最大にできるように努力しています。また、朝夕の出勤時間のうちに少しずつ仕事モード/プライベートモードに頭の中を切り替えて、メリハリをつけるようにしています。

Numazawa Shuya

【名前】沼澤 修哉 【在籍年数】1年
【配属】ショップ運営部 ライフスタイルアドバイザー

お客様に「お得・便利・楽しさ・安心」をご提案していきます

この会社に入社した理由は?
人々の生活を便利に、より豊かな未来を創るために様々なサービスを開発・提供し、チャレンジし続けていることに魅力を感じて入社しました。2020年の5Gサービス開始に向け、ますます新しいことに挑戦する機運が高まっているので、自分も新しいことに挑戦して高めていきたいです。
日々のお仕事の内容は?
ドコモショップで、携帯電話の販売、ドコモの各種商品やサービスの注文を受付するなど、お客様に安心して利用いただけるよう、質の高いサービスを提供しています。
福利厚生について教えてください
プライベートにおいては、様々な休暇制度や施設の優待が充実しています。仕事面においては研修や資格取得の支援が豊富にありますので、自分が成長できる環境が整っているのが魅力です。

Mochizuki Kazutaka

【名前】望月 一孝 【在籍年数】1年
【配属】ネットワーク運営部 アクセス設備担当

災害が起きても途切れないネットワークを守りたいです

この会社に入社した理由は?
生まれも育ちも北海道なので、地元の会社に就職したいという思いが一番強くありました。そして、暮らしに密接に関係した職種であれば、より地元に貢献できるのではないかと考えて、この会社を選びました。
日々のお仕事の内容は?
現在はネットワーク運営部に所属しています。学生時代は電気を専門に学んでいたので、最初はネットワークや通信についてはわからないことばかりでしたが、研修や講習会に参加して勉強し、わからないことは先輩に聞くなどして理解を深めています。
仕事を通じて実現したいことは?
北海道胆振東部地震では、上司や先輩たちは的確な復旧作業や支援活動で通信サービスを再開させました。通信を途切れさせないよう「使命感」をもって、上司や先輩たちの仕事ぶりに一歩ずつ近づけるように日々の業務や訓練を通して、私も力になれるように成長していきたいです。

ABOUT US

会社概要

会社名 株式会社ドコモCS北海道
設立 2014年7月
代表取締役社長 坪内 恒治
資本金 2,000万円
売上高 172億6,000万円(2017年度実績)
人員数 990人(2018年11月現在)
本社 〒060-0001 札幌市中央区北1条西14丁目6
URL http://www.docomo-cs-hokkaido.co.jp
事業登録 電気通信事業